心象風景

なんですか、これ

安達としまむら -特典小説④『Abiding Diverge Alien』 感想-

人の心が無い あまりにも辛く、哀しい展開が描かれた際に、そのような感想が飛び交う光景をよく目にします。発言者的には「鬼!悪魔!」程度のニュアンスで深い意図は無いと思うのですが、これに関して私としては語弊があると思っていて。読者を楽しませ、昂…

ぼっち・ざ・ろっく! -真っ赤な空を見ただろうか-

BUMP OF CHICKEN「真っ赤な空を見ただろうか」 (『ぼっち・ざ・ろっく!』の文字が見えるまで飛ばしていいです)1950年代、黒人音楽を起源とした新しい音楽、ロックミュージックが誕生。ロックミュージックはエルヴィス・プレスリーの登場により爆発的にア…

安達としまむら -特典小説③『ムラ』 感想-

皆さんお元気でしょうか。私は今、宇宙にいます。地球を内包する銀河とは違う、どこか遠い別の銀河。恐らくそんな場所です。目の前には燦々と輝く極大の光。これがこの辺りの星系の中心となっている恒星なのでしょう。不思議と身体も瞳も焼かれる事はありま…

安達としまむら -特典小説②『死間』感想-

こんにちは。今は2021年1月6日です。 さて問題ですが、私は今なにをしているでしょうか? A.『死間』を読んで膝から崩れ落ちてる。 安達としまむら Blu-ray 2(特典なし) 発売日: 2021/01/06 メディア: Blu-ray はい。先日こんな記事を書いてしまったので、そ…

アサルトリリィ BOUQUET -怒りの日の先で見たもの-

『アサルトリリィ BOUQUET』最終話、観終わりました(二週間前の話)。地球46億年の歴史に比べれば二週間など誤差にすぎないのでついさっき観終わった事にしておきます。個性豊かな少女達の愉悦、幸福、苦悩、怒り、慟哭、欲望、愛など多種多様な生き様を受け…

安達としまむら -ガールズラブにおける一つの極点-

『安達としまむら』アニメ、終わりましたね。原作ファンとして思うところもありましたが、既知の内容にも関わらず最後まで楽しめました。安達の想いの変遷、繊細さ、危うさ、奇行を、そしてしまむらの優しさ、軽薄な心、ゆるさ、天然っぷりを。その他の登場…

はじめまして

たぶん偶然このブログに流れ着く人の方が多いと思うので、挨拶をしておきたいと思います。挨拶は大事ですね。はじめまして。名前は特にありません。どなたか名付けてください。 (おわり) ○読む必要の無い自己紹介普段はツイッターを拠点にネットの海を漂っ…